住宅ローンを借りたいと思ったときは

自宅が欲しいと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。
多くの銀行で申し込みができるのでどうせなら評判が良い所を選びたいですよね。
その様な場合は、口コミを読むと良いです。
サイト上には、資金関係はもちろんのこと従業員の態度や店の雰囲気まで細部にわたって書かれていたり、星の数で点数を表している場合もあるので良い契約を結びたいと思っている人にとって参考になると思います。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローン相談に関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、審査が少し変わっています。
一般的な住宅ローン相談審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。